Mutation - The Power of Mistakes

September 06, 2017


Mutation(突然変異)は、遺伝子の連鎖における無作為な変化。 突然変異のほとんどは、遺伝子の連鎖(DNA)が複製されるときに起こる。 複製の処理は、非常に正確ではあるが、100%エラーが無いのではない。 いつしかエラーは起こり、その新しいコピーは、オリジナルのコピー元とは異なるものになる。 この章では、この複製処理についてみていきます

この章で学ぶこと:

• 突然変異は、遺伝的変異の源である

• 遺伝的浮動は遺伝的変異を抑える働きをするが、突然変異は遺伝的変異を増加させる。突然変異の効果で、浮動の効果が相殺されると、個体数における遺伝的変異は変わらない

• 個体数が少ない、もしくは突然変異率が低いならば、均衡点において遺伝的変異は低い。反対に個体数が多い、もしくは突然変異率が高いなら、遺伝的変異は高くなる

• 新しい突然変異が定着する割合は1/2N。定着するとすれば、そのプロセスには平均で4N世代かかる

• 置換率は突然変異率で与えられ、個体数には依存しない



DNA and Mutation

Genetic Drift and Mutation
Genetic Drift decrease genetic variation
Mutation increase genetic variation

Fixation